腸閉塞など恐ろしい腸の病気を知って、早めに病院で早期治療

看護師

気になる症状

女医

普段何気なく胃腸の調子が悪い、お腹の調子が悪いと思ったことはありませんか。便通や吐き気があるなど思い当たる節がある人は腸などの問題も考えられます。腸の病気は早期発見で治せる可能性があり、発見や処置が送れると死に至る危険がある病気も多々あります。そんな腸の問題について知らないことも多いのではないでしょうか。まず腸は小腸、大腸とあり小腸で栄養の吸収などを行い大腸では塩分と水分を吸収し、伸縮運動を行なうことで肛門まで大便を運びます。この機能が正常に機能しないと、腸閉塞などの病気になってしまう危険性があります。その結果、お腹が張って痛くなる症状が起きます。また、腸閉塞になると腸の内容物が口の方向に逆流することで吐き気が起きる、嘔吐すると言った症状も起きてしまいます。こういった腸の問題は、腸の内側と外側どちらかに要因があります。腸閉塞における腸の外側からの問題では圧迫される、ねじれるなどの状態が腸に起きることにより、腸の内容物が詰まるのが原因です。ホースがねじれて水が止まったりするのと同じ仕組ですね。さらに、大腿ヘルニアなどの病気が原因で起こることもあるようです。腸の内側での問題は中に大腸がんなどによる閉塞、もしくは便秘が原因で起こるということもあります。殆どの場合は手術をしなくても治す方法がありますので早期の診察を行なったほうが良いでしょう。

病状が進行すると再発の危険が高まるなどの問題のほか、血流障害を起こした場合は緊急の手術などを行わないと死に至る危険性があります。腸閉塞などの病気は、自然治癒は出来ないため早めの診察、処置を行う必要があります。吐き気や腸の調子、お通じなどの気になることがある方は診察をおすすめします。

大腸の炎症に要注意

腹痛

大腸の炎症で起きる潰瘍性大腸炎。下痢や腹痛などの症状や治療、発見などについて解説。最近下痢が続くと言ったお腹の症状には、無理に薬で止めずに、病院で相談をしましょう。

View Detail

直腸にできる腫瘍

腹痛

肛門の上の直腸にできるがんを直腸がんと言います。このがんは排便で使われる筋肉など様々な機能障害を残すおそれがあります。専門医の受診、早期発見で的確な治療しましょう。

View Detail

腫瘍ができるタイプ

先生

水分や塩分の吸収し、便を固くする役割をもつ、便を肛門まで運んでくれる大腸。ここに大腸がんなどによる腫瘍ができることによって腸閉塞などの病気も併発してしまう恐れがあります。

View Detail